--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-25

綺麗な絵、心に残る絵

今日、ネットで綺麗なCG画を集めているコーナーを観て、「ううむ……これは」と唸ってしまった。

最近のパソコンアートの進歩はすさまじい。背景素材などどこにでも溢れていて、うまく組み合わせれば絵なんか不得意中の不得意の人でもちょっと見られた絵に仕上げることが可能である。
幻想的な宇宙の絵、見たことのない紫色の空やそれに浮かぶ二つの月、遠くに見える地球らしき天体。地上では遠くの華やかな雷を見つめるサバンナの象の群れと、それを眩しく照らし出す謎の強光。
こういうCG画が本当にネットではごろごろ転がっているのだ。
その透明感、鮮やかさ、そしてこんな表現は妙だが、清潔感。
いい世の中になったものだと思う。

ただ、その絵を一枚一枚見ていて、私は少し首を傾げることがある。
もしかしたら美術館に行き出すようになってから、初めて沸いた気持ちなのかもしれない。

かなり前の話になるが、ふとしたご縁で、現代美術の絵を鑑賞しに日本橋の小さな画廊に足を運んだことがあった。
現代アートなので、抽象的な色の群れが額縁に収まりきらぬほどに乱舞していた。その絵は、時に青く重く、時に金銀にきらびやかに私の心に飛び込んでは、様々な感慨であるとか、時には過ぎ去った思い出も呼び起こしてくれて、観ている間とても豊かな気持ちでいられた。
正しい現代絵画の鑑賞の仕方を私は知らないが、色の重み、重なり、ぼかし、そういった小さなインパクトの一つ一つを自分の心がどのように捉えるかを、もう一人の自分が鑑賞する作業がとても楽しかったのだ。

そういった絵はものの輪郭をはっきり描かないものであっても、ちょうどウォーターベッドによるマッサージのように私の心によい刺激を与えてくれて、やがては創作の力になることもある。
もちろん、古い名画などは言うに及ばない。風景の絵であればその風景のオリジナルにあった風や水や炎の音を聞こうとし、人物画であればそのドレスの衣擦れの音すら聞きたくなる。上村松園の日本画では、雪の中を和傘を傾けて歩く美人の吐く微かな息や、傘に降りかかる牡丹雪の小さな音すらも聞きたくなった。世界に入り込み、そこで世界を堪能する自分を私は幸福に感じ取ることが出来る。

しかし、ネットで目にするCG画の多くに、なぜか私は入り込むことができない。
いくら美しい星や花や月に目が行っても、動きも色も乏しく山や木々を描いているだけの古い山水画よりも集中して見ることが出来ないとは、一体どういったことなのだろう。
勿論、同じCG絵であっても上手な人の描く絵も多いだろうし、そういう人の絵は私もいくらか記憶がある。
じゃあ、その絵で一本小説を書けと命題を受けたらどうする。
私は書けるのか?
見たこともない美麗な海原や、魔法の国のような虹の草原や、地上なのか宇宙なのか分からない幻の土地に何かストーリー性を感じることが出来るのか?

不思議なことだが、私にはそれはとても難しい。
こんなことをここに書いて、ご覧になった方の中には「いや、自分なら出来る、CG画でコラボ祭やろうぜ!」とかいう威勢のいい人がいるかも知れない。さぞかし名作が集まり、賑わうことだろうと思う。
ただ、私はそういう催しには恐らく興味も持たないだろう。
催しがいくら楽しそうであっても、書けないものは書けないのであるし、感じられないものは感じられないのだ。
CG画は、ふと気分を切り替えたいときの閲覧や壁紙やブログのデザインには重宝するが、それ以上の余計な感情を切り落としてしまうように私は思うし、こうやってここまでいろいろとCG画師さんには大変失礼ではあるが、もう一つ「生きた」ムードが欲しくもなるのだ。
スポンサーサイト

theme : 創造と表現
genre : 学問・文化・芸術

2011-03-08

モネとジヴェルニーの画家たち

ちょっと前の話になるが、1年ぶりに美術館に行ってきた。雪のそぼ降るさむーい2月12日の話である。
場所は、渋谷東急本店のBunkamuraザ・ミュージアムである。
公開日時は去年の12月7日から年明けての2月17日までともう最終日が迫っていたのだが、お上品な奥様方が若い美術好みの人たちと一緒に行列を作っていた。なかなかどうして、かなり盛況だったように思える。
これまで私は日本の美術工芸品を紹介してきたが、実のところ、基本的には社会の教科書程度の知識しかない。かといって西洋画に造詣が深いかというとこれがまた全然知識のない素人同然なのだが、ただ、どちらかというと、西洋画の方が薄らボンヤリと系統が分かる……ような気がする(頼りないなあ、表現が)。

さて、モネである。「睡蓮」のオジサン、と言ったほうがいいか。或いは、日傘差した女の人の絵描いた人、と言ったほうがいいか。日傘の絵は私も大好きなのだが、今回の展示には残念ながら含まれていないので、湿潤な空気を纏う睡蓮などについて今回は語っていくことにする。

モネがフランスの片田舎ジヴェルニーに移り住んだのは、19世紀も後半、1883年のことだった。本当に小村で人口は300人程度、面子はもちろん大部分が農夫。日本で言えば、過疎の山村の3、4集落でようやくその程度と言ったところだろうか。で、モネがここに住み着くや、われもわれもと諸外国から大勢の芸術家たちが村に飛び込んできて、のべ300人が逗留していた模様である。

セーヌ川沿いの、正直言って絵や1900年当時の地図を見る限り、農地と川と少しの丘や林や森とちょっぴりの集落以外、なーーーーーーーーんもないところである。外国の都会から来た芸術家たちは、最初はあまりの不便さに驚いたに違いない。
ちなみに、この前駆的なものとしてはミレーなどに代表されるバルビゾン派というのがある。やっぱりフランスの片田舎バルビゾン村に芸術家が住み込んで、農夫や田舎の景色などを描いた。これは19世紀の前半の話である。

私は田舎の出身なので、そもそもこんな不便極まりない田舎にどこにそんなに価値があるのかよく分からなかったのだが、芸術家というのはやはり芸術家足りえる慧眼があるのであって、「まさか」と思うようなところに鋭く美を見つけ出し、切り取り、それをびっくりするような手腕や手段で絵にしてしまうのである。
例えば、麦わらを纏めてある積みわら。現代では作業機により立ったロールケーキのような形で纏められるのだが、当時は当然手作業でのもので、形もドーム型に近い短い円柱だった。
夕陽が、ジヴェルニーの麦畑を照らす。オレンジに緋色に黄金に、刻々と変わるその日最後の光。モネはその日没の一瞬、積みわらの陰に「赤」を見た。

恐るべき眼力である。陰のさらに陰は黒と相場が決まっている。逆光でも、灰色や濃い茶色に沈むのが常である。
モネはその最も濃い部分を選び、赤く染めた。途端、なんでもない積みわらが夕陽の眩しさを、強さを、私たちに届けてくるのだ。秋空の寒々しくも輝ける薄暮を、夕風の冷たさを、私たちは絵の前にいながらにして強く想像することができるのだ。

ちなみに、この積みわらを同じ題材として一つのポジションから時間をずらしてしつこくしつこく12枚も描いた画家がいた。アメリカ人ジョン・レスリー・ブレックである。この人はモネの絵画世界を理解しようとしていたのだが、12枚並べて観た時、アメリカ人らしい陽気で無邪気な真剣さが感じられてしまったのは私だけだろうか。もっとも、モネのあの音楽的な筆捌きはブルックにはない。感性や画力ではなく、絵を見せるというアイデアで道を切り開いた人のような気がする。

ジヴェルニーは水場の風景画も美しい。実は岩手県にある遠野の河童淵がウィラード・レロイ・メトカーフの「エプト川」やセオドア・ウェンデルの「小川」に非常によく似ているのだが、もしかしたらこの村の水場は、日本の田舎と共通するものがあるのかもしれないなと思った。
そう言えば、モネは大の日本びいきで、自宅にわざわざ浮世絵を参考にして日本風庭園を造った。太鼓橋のおまけつきである。睡蓮の葉はもちろんのこと、水辺の柳、菖蒲の黄色い花、湿潤で静かな日本の水辺を忠実に再現している。
油絵の重厚な色合いで描かれたしっとりした池の風景は、それはそれで独特の趣があり、見るものをひきつけてやまない。
ちなみに、私が行ったときは大作「睡蓮、水の風景」は一足先に展示が終了していた。もう少し早く行くべきだったと、珍しく購入した記念画集を見ながら、只今後悔している。

田舎の風景にはさほど楽しいものはなかろうと踏んで入場した私だったが、終わってみると頭に残っているのは圧倒的に村や広大な畑や自然の風景であって、期待した内輪の人物を描いた作品は逆にあまり心に残らなかった。
ジヴェルニーに滞在した画家たちは、モネ始め、皆やはり素晴らしい審美眼を持っていたのだなと思いながら、帰途に就いた。

なお、私が個人的にもっとも心惹かれたのはイギリス人のドーソン・ドーソン=ワトソンが描いた、2枚のジヴェルニーの昼間の路地風景である。眩く、それでいて平和な空気が、白っぽい路上から漂ってきそうなのだ。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2010-01-17

国宝 土偶展

11日の話になる(最近レビューが遅くなって申し訳ないです)。東京国立博物館の本館特別室5室にて土偶展を観に行った。
土偶というのは、縄文期を中心に栄えた人型の像で、祭祀などに使われる。大きさは、掌に乗るくらいの小さなものから、1メートルくらいのものまでさまざまだが、今回の展示物は2、30センチほどのものが多かった。

土偶は、豊穣や子孫繁栄の祈りをこめて制作される。
女性像が多く、立像も多いが、いわゆる体育座りをしている坐像も多い。
長野県棚畑遺跡出土の国宝「縄文のビーナス」は、縄文時代中期の作品。でっ尻という大きな尻の女性立像で、大きな尻は多産を意味しているという。青森県風張I遺跡出土の国宝「合掌土偶」は、バラバラの形で出土した縄文時代後期の坐像で、これは合掌しながら体育座りをしているという、面白いポーズをとっている。
日本で一番有名な土偶、重文「遮光器土偶」は縄文晩期の作品。大きなめがねをかけたような顔の土偶と言えば、ああ、あれかと思われる方もいらっしゃるだろうか。大体30センチくらいの品で、全身に細かい模様が施されていた。
縄文文化は装飾文化でもある。土偶たちは全身に文様が施され、作品によっては鮮やかな彩色も施されていた。

今回の展示はイギリスの大英博物館で秋に行われた「THE POWER OF DOGU」の帰国展に当たり(大成功だったそうである)、帰国展なのが理由かどうかはわからないが、今回も美術館は多くの人でごった返していた。
帰りに主人とラーメンを啜りながら、人の多さをどうにかしたいものだよね、と話し合ったことだった。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2009-12-20

聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝

12日の話になるが、上野の森美術館に行って来た。
公園の紅葉が綺麗で、思わず、姉に写メを送ってしまった。

さて、今回は聖地チベットの美術・工芸品である。
チベットは小乗仏教(ラマ教)が深く信望されている地方であるが、大乗仏教が浅く市民生活に浸透している日本とは、だいぶ様子が違うようである。
吐蕃王国の成立、隆盛からチベット密教の成立・昇華、元・明・清との交流、そしてチベットの暮らし。この四カテゴリに分けられて展示が行われていたが、客の入りはそこそこだったように思われる。
まず入ってすぐの「魔女仰臥図(まじょぎょうがず)」には圧倒された。高僧によるとチベットという場所は魔女が寝転んでいる姿の土地だということだが、その大魔女の寝転んでいる要所要所に寺院を建立しなければならない、とのことで時の支配者はこうして仏教を広めていったという。魔女(羅刹)の姿が印象的だった。
釈迦如来立像(しゃかにょらいりゅうぞう)を見て面白いと思ったのは、ラマ教の釈迦如来立像は、重心を片側にかけていて、まっすぐには立っていない。これが優美さを生み出していて、立像全体が違った表情に見える。
タンカと呼ばれる彩色を施された大きな錦布もあちこちに飾られていた。これも仏の姿を描いたりしたものであり、信仰の対象にもなっている。面白いのが、仏がインドの神々の生首を持っているタンカ。仏教の優位性を表しているとのことだが、わが国の寺院ではあまり見ない生々しさだと思う。
生々しさと言えば、父母仏立像(ぶもぶつりゅうぞう)。複数の手足と頭を持った男女の仏が向き合っている姿態なのだが、どうも立ちながら性交しているらしい。父は慈悲、母は知恵の象徴ということなのだが、これも日本の寺院では見ない。チベット仏教は、深く、そして奔放なのだろう。
一抱えあるほどの梵文の書物も面白かった。これを見ながら、チベットの僧たちは勉強をするのだろうか。
金とトルコ石とで装飾された十一面千手千眼観音菩薩立像(じゅういちめんせんじゅせんげんかんのんぼさつりゅうぞう)は、今回の展示の目玉で、多くの人々が四方からその姿を見ていた。本当に千本の手のある観音立像で、頭部の彫りこみが素晴らしく、また、美麗である。さほど巨大な菩薩像ではないのだが、これは現地では多くの人々が頭を垂れるのだろうと合点がいった。
有名なマニ車も見た。でんでこのような形で、何度回せば仏の功徳が得られるという、あれである。
チベットの多くの人々に支えられてポタラ宮を中心とした仏教は発展していっているのだと思った。

ところで、帰り際の通路でまるで中華街のようにいろいろと物が売られていたが、あれはチベット展らしくなく、非常に珍妙だった。やはり、中国政府とチベットとの間はうまくいっていないのだろうかと思いながら、帰途に就いた。

theme : 美術館・博物館 展示めぐり。
genre : 学問・文化・芸術

2009-11-21

皇室の名宝--日本美の華 第二期

第二期は、「正倉院宝物と書・絵巻の名品」である。
初日12日は天皇陛下即位二十年を記念して入館無料だったそうだが、伝え聞く話によるとどうやらすさまじい混雑だった模様だ。
さすがに一週間と余裕をみたら少しは空くだろうと思っていたが、少々甘かったようである。二十分待ちのプラカードの脇に立つことになってしまった。帰りは、そのプラカードが三十分待ちにかわっていた。つまり、一期の永徳・若冲展より混雑していることになる。

今回の目玉は聖徳太子像と螺鈿紫檀阮咸、そして春日権現験記絵に蒙古襲来絵詞などである。
聖徳太子像は八世紀に描かれた聖徳太子の絵で、よく歴史の教科書に載っている。絵は、もう少し大きなものを想像していたが予想外に小さかったことと、本物は印刷物に対してやや赤みがあることなどが印象に残った。二人の従者の表情が微妙に異なっていることも面白かった。
螺鈿紫檀阮咸とは、螺鈿を美しくあしらった琵琶で、これは西方から渡って来た正倉院の宝物である。非常に華やかなつくりであり、デザインも素晴らしかった。これも八世紀のものである。
春日権現験記絵については、NHK日曜美術館で予習をして実物を観たのだが、ともかく思ったよりも色鮮やかでアニメの原画でも観ているようだった。テレビで放映された雪山の部分がことに麗しく、また大工たちの姿も生き生きと描かれていた。鎌倉時代の作である。
蒙古襲来絵詞も、歴史の教科書によく載っている。元寇の様子が臨場感たっぷりに描かれており、武将たちの息遣いが聞こえてきそうだ。これも鎌倉時代の作。
このほか、主人が興味を示していたのが皇室に伝わる名刀の数々。刀の身だけを展示していたが、ともかくこれが千年も昔の作とは思えない太刀や小刀ばかりで、その優雅な反りや鋼の輝きには息を飲むほどの迫力を感じた。
後はあまりの混雑に一つ一つきちんと観ることができなかったが、数々の書も名品が多かった。光明皇后直筆の杜家立成は、非常に長い巻であったが、几帳面でしっかりした筆遣いであったし、藤原定家筆の更級日記も趣があった。

この展示は今月29日まで。休日はかなり混雑するので、余裕のある方は平日の観覧をお勧めする。
プロフィール

Chiduru.Y.

Author:Chiduru.Y.
小説を書いています。
しばらく更新が途絶えていましたが、また肩の力を抜きつつぼちぼち書いていこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。