--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-04-30

なぜこんなに

愛されていないような気がするのか、よく分からない。

ただただ尊敬していただけの人が、皆遠くなっていく。
言葉が通じないのは、私が悪い。けれども、つらいものをつらくないと笑うには、置かれた立場が酷すぎる。


頑張れば頑張るほど、認めてもらえない自分。
本気になればなるほど、遠ざかっていく真摯な評価。



けれども「ゴミみたいな感想なんかもういらない」って言い切れるのは子供だけなんですよ。
大人の物書きは打算で近づいて打算で離れるものだから、その打算を第一に考えるならば私はそんなあほらしい様式美を尊重しなければならない。だから我慢しなければならないのは自分だし、悪いのも自分。
泣くことも許されない。泣くのは子供の特権だから、大人はやっちゃいけない。

だから私は総てを諦めたような顔をして、気の抜けた炭酸水のような小説を書き続けるしかないのだろうか。


本当に?

ねえ、それは本当に?


……ポエム禁止。
スポンサーサイト

theme : 心のつぶやき
genre : 心と身体

プロフィール

Chiduru.Y.

Author:Chiduru.Y.
小説を書いています。
しばらく更新が途絶えていましたが、また肩の力を抜きつつぼちぼち書いていこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。