--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-11-30

平成27年秋季創作枚数

投稿を再び行い始めた。
一旦、ほぼ停止状態で自分の趣味だけで書いていたが、あまりそれもよくないように思えたので、思い切って書けるだけ書いてしまおうと考えを切り替えたのだ。

今年の秋は公募投稿作のみで原稿用紙換算700枚と少し。
腰痛を引き起こすほどであって、流石に自宅に専用の机と椅子を入れようと思った次第。安くていいのが見つかるといいなあ。
普段は台所のテーブルにノートパソコンを持ち込んで、水槽の金魚に睨まれながらポチポチと打っていくスタイルだが、さすがに休日一日14、5時間座りっぱなしにはあんまり耐えられる環境ではないようだ。現在坐骨神経痛らしきものに悩まされて右脚が痛くて仕方がない。ネットで詳しく検索したらヘルニアの脅しすらある。勘弁してくださいうちは貧乏なので手術代なんかとても出せないです。

ちなみに、3か月で700枚というのはあんまり得意顔で胸を張れるものでもない。
ライトノベルを書く売れっ子作家など、完成原稿で1か月300枚など当たり前だし、ということは没稿もこれに上乗せされてまあ、合計で1000枚は突破するのだろうと思う。
勤め人とはいえ現在の私はフルタイムでもなく、まだ甘いのだろうと思う。
ただ2年ほど前は400枚の原稿を1年かかりきりで、しかもろくな結果にならなかったので、少なくとも姿勢に関してだけは「このまま普通に頑張っていたらいいんじゃない?」くらいの自己評価はできるかと。今は公募作に出すだけ出したのでエネルギーはほぼすっからかん、また地道に資料や好きな本でも読み漁る日が続くことだろうと思う。

世間では、本日漫画家の水木しげるが亡くなったり(非常にびっくりした。そろそろかとも思っていたがその半面120歳くらいまで悠々奇行を続けてお元気でいらっしゃるものだと思っていた。ネットでの死因公開もヤフー第一報では心筋梗塞、ついで多発性内臓疾患…だったか、さっきスマートフォンで引っかかったブログでは足滑らせて転んだとかなんとか、もう何をどこまで信じていいかわからないほど情報が錯綜している)、テロ厳戒態勢下のパリで温暖化対策会議が開かれ、市民がデモの代わりに各々の靴を置いてシューズデモを行ったりと慌ただしい。
特にシューズデモは、フランス市民というかパリっ子はどんな状況でも洒落っ気を忘れないところに芯の強さを感じる。ブーツに花を挿したり、文字を書いたり。いちいちカッコイイ。こういう部分が我が国にもほしいものだなあと、時々若い人のやっているイデオロギー活動を見て、なんとなく思ったりする、ノンイデオロギー世代(中年)のつぶやきなのである。いや、ノンイデオロギーなだけで本当に何も考えてないわけじゃないんですけどね、一応文字と取っ組み合うことに喜びを感じる身としては。
もっとも日本の若者の活動ってアジアの中では比較的クールなほうみたいなんですけどね、それでも。香港や台湾の騒ぎとか思い出してしまうと。
スポンサーサイト
2015-11-01

ペットが欲しい

金魚を飼育している。
手のかからない、そして安価な金魚だ。たまたま知り合った若手の純文作家(プロ)も金魚好きな模様で、少しばかり話をしたことがある。
この方は、私とはまた違い、やや手間のかかる金魚を飼育していらしたらしい。楽しそうだった。

金魚は、そのくらい軽い気持ちで誰にでも飼える生き物である、と言える。同じ魚類でもアロワナ等は大きくなるし、水槽も2メートルくらいの幅のものを用意しなければならないので、賃貸ではとても飼えない。なんとかインテリアの体面が保てる金魚や小型の熱帯魚までが、我が住まいではギリギリの条件だろうか。

姉からいつぞや、ハムスターあたりを飼ってみては、とアドバイスを受けた。確かに彼らは分かりやすい騒音は立てない。が、犬猫と異なり齧歯類は糞便の自己管理ができない。
結局金魚に戻るのである。

もう何年も前から家人に、ペット可物件に移ろうと願い出ているのだが、今の物件は亡き義父が世話してくれたこともあり、簡単に移る気にはなれないらしい。
しかしながら夫婦二人だけということもあり、年々寂しさというものは出てきてしまう。
遠く離れて住む友人たちも段々と年を取ってきて、年賀状の行き来も途絶えたり、メールも途切れたりしがちになる。
自分の孤独な生き方は間違っているかどうかはわからないが、こんなことを書いていると通勤電車に、あてこするように年配者や中年の友達仲間連れがワイワイと乗り込んできそうな気がするので、黙りこまざるを得ない。

ただペットくらいは、居を移した時点でそのうち正式に飼いたいとは思う。犬になるか、猫になるか、両方になるかはまだ決めていない。
どうせひどく甘やかしてしまうのだろうが、寂しさには、代えられない。

プロフィール

Chiduru.Y.

Author:Chiduru.Y.
小説を書いています。
しばらく更新が途絶えていましたが、また肩の力を抜きつつぼちぼち書いていこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。