--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-12-17

他人がわたしに求めること

子供のころから、妙なずれがあったように、思える。

他人が私に求めることと、私が私に求めることが異なるのだ。
親は、成績がよく品行方正であることを私に求めていたように思ったが、私はどっちかというと成績なんてものはどうでもよく、楽しい勉強をしたかったように思える(だから、あまり勉強ということは好きではない。ちょっと難解な本を読んでいても、勉強や課題となるとものすごくつまらなくなるのだ、これが。そして興味を失う)。

それは、親に限ったことではなかった。
クラスメートの、私に求めるもの。私がやりたいもの。
微妙に、異なっていた。

中学時代、アニメ雑誌を楽しげに読んでいた私を、クラスのちょっと意地の悪い子が「そんなもの読むなんて意外だ、信じられない」と(少しばかり羨ましげに)言ったのがすごく意外だった。もしかして私は、彼女からは文化的なものに一切興味のない勉強しか興味のない真面目チャーンとでも思われていたのだろうか。
今の私なら、「おおおおそんなに言うならそうなりたかったわー、今頃、超現実的な司法書士あたりにはなってたわー、収入今の十倍くらいになってたわー、親自慢が止まらんかったわー」と抗議することだと……まあ、思う。もちろん私には司法書士様になる頭なぞ存在しない。
実際、彼女は私をどう見ていたのか、ちょっと聞いてみたいものである。興味本位で。
でも多分、実際の私の感覚とは大幅にずれた、何か妙なものだったのだろうなあと、的外れな人物像だったのだろうなあと、そう、思っている。

40代になってから、私を取り巻く環境が2レベルくらい低いものに変わってきたように、思う。
知性のある人となかなか、話ができなくなった。他愛のない話題すらも、できなくなった。
代わって、文化的なものを憎む表情を浮かべる人と接することが多くなってしまい、そういう職場に私はいられなくて、転職を繰り返した。わずかな貯金はみるみるなくなり、実のところ、半分死にかけながら今の職場になんとか滑り込めた。
ここで今の職場を失ったら、もう私には行き場がない。様々な理由があるのだが、本当に、行き詰まりを感じるのだ。

家族は、何も知らない。
うん。知らなくてよいと思う。
読んだ人しか、知らない。でも結構、読んでるのだろうと思う(笑)。

おそらくは、バカの相手をする時間が長すぎたのだと思う。バカは、自分のことを大変に偉いと思っているので、相対的に自分の周りをバカにするのだろう。私は彼らにかまいすぎて、自分の評判を落とした。
そして、その評判に見合った――大抵それは、私と話が合わない――人々しか、残らなかった。

彼らの概念は、ものすごい。
自分の気に入らない人間が笑顔になることは、すなわちその人間があくどい事をして得をしたのだと自動的に解釈する。
人を褒めたり、認めたり、誰かの幸せを祈るという事柄を、上っ面というか、何か別のものとしてしか理解できない。
「人の好さ」という項目を、全方向から低評価で嬲る。
それなのに、自分は誰よりも素晴らしい人間に見られたいという態度を隠せない。

私は殆どのグループ活動をあきらめた。
どこに行っても、彼らと同じ人種がいる。どんなに物知りであっても、そんな性格の人とは分かり合えない。
何か彼らは、自分たちだけが安全圏に逃げ込んだうえで、目を付けた気に入らない人間を卑怯な口で攻撃するように見えるのだ。

今回、少し理解のあった知人から新年会への誘いがあった。本当に小さな会で、こちらもそもそもが来賓扱いでもなんでもない、会費を払わねばならない招待客の末席にほど近い席だというのに、これにまた壁を作ろうとおかしな言葉を投げつけてくる連中がいる。
いやもう、勘弁してください。
友達くらい、選ばしてください。
あなた方の友達にはなれません。だってあなたは私の何を理解して下さってるんですか。今回だって誤解してるからワケわからんこと言ってきてるんでしょう、ムリです、とても無理。
ごめん、本当にごめん、申し訳ないけど、私には興味を持たないで下さい。
スポンサーサイト
プロフィール

Chiduru.Y.

Author:Chiduru.Y.
小説を書いています。
しばらく更新が途絶えていましたが、また肩の力を抜きつつぼちぼち書いていこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。