--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-10-15

長い夜

昼夜逆転をどうにかするためにいろいろ錯誤しているのだが、これといった解決策がない。
今年の夏体調を崩してしばらく飲めなかったコーヒーも飲めるようになり、緑茶紅茶も含めてカフェインコントロールしているのだが、飲むなり昼寝という奇行に出てしまうあたり、あまり効いていない模様である。
その中で、川上弘美あたりがどこかでつぶやいていた「秋の夜長の読書」が結構有効だということをご報告。

ところで読書が好きな人にありがちなのだが、「積ん読」、ここを読まれた皆さまはどうなさっていますか。

我が家は……だいたいご想像の通りで、本をブックオフに流すか、本棚を増やすか瀬戸際に立たされて長い。長いということは、もうそろそろ限界が近いということである。ぼんやりしている間にご近所の書店・古書店は次々に閉店してしまい、チェーン店ばかりが目立つようになってきている。もっとも美しい状態で流したいのも山々なのだが、カバーごとある程度表紙などが傷んでくるともううちの子にしてしまえ、という気持ちにもなってくる。
のみならず、ついで買いした文庫本などもいつまでも読破することなく、本棚の脇に積まれたままである。
本当にどうしたらいいのだろうか。ポール・ギャリコとか、数頁読んで合わなくて結局読み進めていない。誰か楽しい読み方をおしえてください。
だいたい猫の出てくる小説は実物の猫に比べてどうして退屈なものが多いのだろう。謎だ。犬は洋の東西を問わず感動巨編が結構出てくるというのに。猫はネット画像や岩合光昭の写真集や竹本泉のマンガで、私は充分である。煽り商法などいろいろあるが、猫の写真だけがかわいい某作など立ち読み十秒で終了したのはいい思い出。
ついで買いというと、マーガレット・ミラーもミランダ・ジュライも止まっている。理由はよく分からない。「こういう小説を書ける素敵な私」というのが透けて見えるからだろうか。そしてその素敵さがきっと、私には今ひとつピンとこないからなのだろうか。
で、最近の私が読んでいるのはもっぱら「枕草子」と「リルケ詩集」である。どちらも古典。枕草子はこの年齢になるまで良さがよく分からなかった。が、ある時必要に駆られて読んで奥深さに自分でもびっくりするほど感動した。この随筆は明らかに子供向きではないと思った。清少納言はやはり、明らかに天才であった。
また、リルケは、この人の着目した風景が気に入っている。哲学的な考察などは勉強不足であまりよく分からないものも多いが、大変、しみじみとする。一度で読んでいても呑み込めないので、必ず二度読み。そしてなんと美しくて静謐な世界なのだろうと感動する。20世紀の前半、第一次世界大戦の前後から二次大戦前までのあの時代。多くの人々が賞賛して余りあるあのノスタルジックな時代。戦後、日本ですら多分都会にあふれた自称文人・詩人の多くが焦がれた古いヨーロッパ。そういったゆっくりとした時代をそんなものとうに過ぎ去ってしまった現代で味わうというのは、自嘲であろうか(まあでも、そうやっちゃうんですけどね。書物に憑かれた人って、多かれ少なかれどっかマゾヒストなところってあると思うの)。

最近、世の中が小さなことでひどく大騒ぎするように感じる。皆多分、やたらに騒ぐことで、何か自分の心の中の悪いものを追い出したいと思うのだろうか。
ああそういえば、今月は出雲以外は土地神様は不在だった。自分のことは自分でということか。I'll do it myself.
今月だけでなく、いつもそうなのであれば、なんと浮ついた、落ち着きのない世の中になってしまったのだろうと嘆きもするのだが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Chiduru.Y.

Author:Chiduru.Y.
小説を書いています。
しばらく更新が途絶えていましたが、また肩の力を抜きつつぼちぼち書いていこうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。